住宅ローンの控除とは?

住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
家の購入で初めに思う事は資金繰りの事ではないでしょうか。
一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。
住宅ローン借り換えの申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。
期間は最長で35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。
こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合残りのローンが0円になる。
という保険です。
どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。
というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。
ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。
それでも、今は低金利といわれる時代のせいか調査によると40%の方が利用しているそうです。
これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。
何千万という高額な単位の住宅ローンなので、多少なりとも費用を安くしたいと思うのが当然です。
そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる利用しないと勿体無いオススメの銀行をお知らせします。
まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。
こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、5%も割引されるお得な特典が付いてきます。
ボーナスなどを利用した繰上げ返済時も手数料は無料です。
金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。
今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方もこの情報を知っているかどうかで10年後に得する是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。
1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。
対象となる方は自分が住むために新しく家を建てた方で、または新築か中古の住宅を購入した方になります。
更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。
その他に年収や年齢など様々に確認される場合もあるので把握して税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。

住宅ローン減税の控除額をアップするには?【長期優良住宅って何?】