酵素生活って?

体内で作られている酵素は、一生の間に無尽蔵に生成できるわけではありません。
一生のうちに生成できる酵素の量には限界があり、そのために加齢とともに酵素が作られにくくなってくるのが一般的です。
体内で生成される酵素の量が多ければ多いほど健康的な体をキープする事ができるというのは嘘ではありませんが、必ずしも酵素の生成量と健康度が比例しているわけではありません。
体内でどのぐらいの量の酵素が生成されているのかは、その人によって個人差があります。
体内で生成する酵素がすくない場合には、食べ物などで食物酵素を補給する方法もありますが、同時に、食生活や生活習慣を少し改善するだけでも自分の体内の酵素を有意義に無駄遣いすることなく消費する事が出来ます。
いってみるなら、「酵素の節約」が出来るわけですね。
酵素は熱に弱いので、生で食べる野菜やフルーツなどからは摂取できますが、加熱調理されている状態では酵素が既に破壊されているので、そこから酵素を取る事は出来ません。
この唾液は酵素が主成分となっているので、できればたくさん噛んでたっぷりと酵素を分泌したいものです。
ストレスや睡眠不足なども酵素をたくさん消費してしまいます。