フラット35審査の受付はどこですればいい?

フラット35審査の受付は、提携業者、提携金融機関から行うと良いでしょう。
あらかじめ利用したい金融機関が決まっているなら、金融機関の提携先業者を選ぶということもありますし、建築業者や、販売業者が決まっているなら、その業者が提携している金融機関を選ぶと手続きがスムーズです。
フラット35は、断熱省エネ、耐震、バリアフリーなどの一定の基準をクリアした物件購入でなければ、審査を通ることが出来ません。
検査証明資格のある建築士などに証明を受けなければいけませんし、基準をクリアする設計になっているかは、建築業者でなければわからない部分もあります。
委任状を出して、検査証明、申請までを業者にお願いするとスムーズに進むでしょう。