フラット35審査つなぎ融資は便利!

フラット35の借り入れは、借り手と対象となる物件の両方が審査の対象となります。
又、購入対象の物件の一部、もしくは全部の所有が条件ですから物件が完成し登記が完了していないと融資の申し込みすらできません。
ですから、これから土地を購入して家を建てようとする人には融資はできないということなのです。
通常、住宅を建てる場合は完成してから支払いをするわけではありません。
住宅工事の開始時にには着工時金、上棟時には上棟時金がそれぞれ3分の1ずつ、工事終了時には竣工時金で残金を支払います。
従って、この場合フラット35では対応できません。
そこで登場するのが「つなぎ融資」です。
これは、工事が始まってから竣工するまでの間の資金を一時的に借り入れるローンです。